中級から学ぶ(Bài 1)

中級から学ぶ(Bài 1)

 

忙しくて(いそがしい)忙しくて、だれでもいいから一人でも多くの人に手伝って(てつだって)もらいたい。そんなとき、日本語では「猫(ねこ)の手も借りたいほどだ」とたとえて言います。たとえ猫が手伝ってくれてもそれほど役に立つとは思えませんが、何か口に出して言いたいと思って、こう言うのです。


また、「私の家には庭があります。でも、狭いですよ。」と言いたければ、これも「猫」を使って、「猫の額ほどの庭があります」と言います。猫にも額(ひたい)の広い猫と狭い(せまい)猫がいると思うので、日本語の分かる猫に開かれ(ひらかれ)たら、「失礼じゃないですか」と怒られ(おこられ)てしまいそうです。

まだまだたくさん「猫」のお世話になる便利な言い方はあるはあるのですが、「猫に小判」という言い方ほど面白いものはないでしょう。小判は昔のお金ですから、今なら「猫に一万円」と言えば、意味が分かるでしょう。高い辞書を持っていても、全然(ぜんぜん)使わずに本棚に並べておくだけの人に、「猫に小判(こばん)だね」と言うのです。

猫だけではなく、犬、牛、馬など、人と昔から生活をしてきた動物たちを使った言い方がたくさんあります。皆さんの国の言葉にも「猫の手」や「猫の額」、そして、「猫に小判」などと同じような言い方がありますか。あれば是非(ぜひ)それを紹介してください。


Tin mới hơn:

 

ĐĂNG NHẬP - ĐĂNG KÝ





NHẬN XÉT

Bạn thấy học tiếng Nhật khó Nhất là gì?
 

ĐỐI TÁC CỦA CHÚNG TÔI

DOWNLOAD HƯỚNG DẪN

 

Tiêu đề liên quan


Hoc tieng Nhat, Học tiếng Nhật, Hoc tieng Nhat Online trang chủ Luyện nghe nâng cao 中級から学ぶ(Bài 1)