中級から学ぶ(Bài 9)

中級から学ぶ(Bài 9)


小学校四年生になる近所の男の子が「赤いは女の色だから」と言って、せっかく母親が買ってきたシャツをどうしても着ようとしなかったという話を聞き、私も同じようなことを言って母を困(こま)らせたことがあったなと、幼(おさな)いときのことを思い出した。

子供が五人もいたのに、すべて男。その子供たちに囲まれて一杯やりながら、父は決まって「一人でも女の子がいたらなあ」と言ったものだ。「私も女ですよ。」ちちの口癖(くちぐせ)に対する母のせりふも、判で押(お)しように決まっていた。女の子を欲(ほ)しがっていた父は、家の中に「女の色」が少ないからと言って、カーテンの色をピンクにしてみたり、私たち子供に赤の入ったセーターを買ってきたりした。こうして私は知らずのうちに、父に「女の色」を教えられ、いつの間にか私の描(えが)く女の子は、赤い服を着、ピンクのリボンをするようになっていた。そんな父だったから、長男(ちょうなん)の私が結婚したときも、やっと自分にも女の子ができたと言って私の妻を迎(むか)え、家の中に「女の色」が増(ふ)えると言って喜んだ。しかし、父がどうして赤やピンクを「女の色」だと思っていたのかは、とうとう聞かずじまいになってしました。

私が子供のころには黄色(きいろ)いセーターを着たりすると、「男のくせに」とからかわれたものだ。色ばかりではなく、例えばかばんや洋服のデザインなどにも、ちゃんと男の子用、女の子用と区別(くべつ)があったように思う。ところが、最近は個性(こせい)を大切にする時代なのだそうで、テレビを見ていても、町を歩いていても、「女の子」用のかばんを持った男性や、「男もの」の時計をした女性を見かけることも少なくない。ピンクや紫(むらさき)の派手なシャツを着、赤いハンカチを持った男性もいれば、黒や灰色(はいいろ)の地味(じみ)な上着(うわぎ)を着、黒っぽいズボンを覚えた女性も、珍(めずら)しくない。知らず知らずのうちに、「男の色」「女の子」を覚(おぼ)えた私の目には、もう今は男女を表(あらわ)す色の区別などなくなってしまったように見える。

「お父さん、少しジェンダーについて勉強したら。いつまでもそんなこと言ってたら、会社でセクハラっていわれるぞ」大学生になった息子(むすこ)が、いつのころからかそんなことを言い出した。「しかし、それならいったい「女の色」を嫌がって母親を困らせる小学生が、今でもいるのはどういうわけなのだ」と、私は心の中で考えてしまう。



Tin mới hơn:
Tin cũ hơn:

 

ĐĂNG NHẬP - ĐĂNG KÝ





NHẬN XÉT

Bạn thấy học tiếng Nhật khó Nhất là gì?
 

ĐỐI TÁC CỦA CHÚNG TÔI

DOWNLOAD HƯỚNG DẪN

 

Tiêu đề liên quan


Hoc tieng Nhat, Học tiếng Nhật, Hoc tieng Nhat Online trang chủ Luyện nghe nâng cao 中級から学ぶ(Bài 9)